マージンコール

マージンコール

ージンコールとは、一定の損失が発生した場合にFX会社がトレーダーに警告を知らせる事です。 FX会社によっても異なるのですが、一般的に証拠金の50%の評価損が出た時に通知が来る場合が多いです。

このマージンコールは、FX会社によって設定が違うので、初心者の方は設定を確認してみるのも良いと思います。設定していないFX会社もあります。

マージンコールの対処についてですが、次の2つが一般的です。

1.損失が大きくならないために決済してしまう。

2.複数のポジションを持っている場合は、ポジションを減らす。

3.証拠金を追加して、証拠金保持率を上げる。

証拠金保持率とは、証拠金から評価損益を加減した必要証拠金に対する証拠金残高の割合です。

計算式は、証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 取引証拠金となります。

※有効証拠金 = 証拠金 + 損益

このページの先頭へ