スプレッド

FX初心者入門マニュアル

プレッドとは、買値と売値の差の事です。

実際にマネーパートナーズマネーパートナーズのWEB取引画面を見ながら説明していきます。

スプレッドの説明

上の画像を見ると買値(Bid)と売値(Ask)の差がある事がわかります。
80.738と80.750の開きが、スプレッドです。

そもそも、スプレッドとは何か?と疑問に思うと思います。
簡単に言ってしまえば、手数料です。
取引手数料が無料のFX会社が増えていますが、このスプレッドが手数料の代わりのようなものです。
為替レートは、インターバンク市場(銀行同士が外国為替の売買をする市場)が提示しています。 そして、FX会社がインターバンク市場が提示した値に上乗せしたレートで我々はトレードをしています。
つまり、インターバンクとFX会社の提示している為替レートの差が、FX会社の儲けとなります。 スプレッドと呼び名が違うだけで、しっかりと手数料を払っているのです。


スプレッドの狭いFX会社を選ぶ事は、もちろん大切です。
スキャルピングやデイトレードのような短期売買をメインにしている方は、特にそう考えると思います。
ただ、注意してほしいのが、いくらスプレッドが低くてもスリッページが頻繁に起こったり、サーバーが不安定なFX会社があるので、スプレッドの狭さのみで口座を選ぶのは、あまりおすすめできません。

スリッページなし・約定拒否なしのマネーパートナーズ マネーパートナーズ

このページの先頭へ